ダイエット中にアルコールを飲んでもいい?【203】

いつもお読みいただきありがとうございます。

東横線沿線、都立大学、日吉で活動している

下腹痩せ専門パーソナルジム・Tresallir代表・滝本友樹です。

 

 

忘年会のシーズンに入ってきました。

 

最近お腹まわりが気になるのに・・

下半身が浮腫みやすい・・

この時期は毎年体重が増えがち・・

 

カラダの事は気になるとはいえ、この行事は付き合い上、避けられないところではないでしょうか?

 

そこで今回は、アルコールとの上手な付き合い方についてお伝えします。

アルコール(お酒)を飲むと、なぜ太るの?

ビールが美味しくてやめられない・・・。

忘年会で、自分だけシラフなのは避けたい・・・。

アルコールはダイエットの敵ではありますが、適度なストレス発散も必要ですよね。

 

アルコールで太る?

アルコール(お酒)のせいで太る、よく聞く話ですよね。

一般的に、アルコールのカロリーは1gあたり約7Kcalと言われています。

種類別のカロリー(100mlあたり)は、以下の通り。

  • ビール:40kcal
  • ワイン:73kcal
  • 梅酒:156kcal
  • 日本酒:103kcal

カロリー自体は実はそこまで高くありません。

しかし、アルコールを分解するのに酵素・ビタミン・ミネラルが使われてしまい、代謝が落ちます。

この時におつまみやラーメンを食べると、脂質・糖質が代謝されずに残ります。

アルコールを摂取することで、太りやすい状態になってしまうのです。

 

控えたほうが良いアルコール

アルコールの中でも、比較的カロリーが高い・糖質が多い種類はやはり控えるべきです。

例えば、ビールの糖質は100mlあたり約4.6g、1缶350mlであれば16.1gです。

他にも、

  • 梅酒
  • 発泡酒
  • 日本酒
  • カクテル系

などは、特に糖質が多いと言われています。

 

特に女性の方がよく飲む果実酒などは太りやすいし、浮腫みやすいです。

ダイエット期間中は、基本的にアルコールは抑えめにするのが鉄則です。

 

どうしても飲みたいときのアルコール

飲み会に誘われた・我慢できなくなった、そんな時はどうしたら良いのでしょうか。

 

まず、できる対策としては

アルコールの中でも糖質が少ないものを選ぶことです。

例えば、ワイン。

100gあたりの糖質は、赤ワイン1.5g・白ワイン2.0gです。

さらに、

  • 焼酎
  • ウイスキー

などの蒸留酒がおすすめです。

アルコール類の中でも低糖を選んで飲めば、お酒を飲むのを諦めなくてもいいんです。

ここで注意しておきたいのは、

蒸留酒をジュースで割ったら糖質はグンと高くなります。

コークハイや果実で割ったサワーなどですね。

気を付けましょう!

 

まとめ

ダイエット中なら、アルコール(お酒)を飲む回数は減らしましょう。

これは鉄則です。

カロリー自体はそこまで高くありませんが、アルコールの分解にエネルギーが使われてしまいます。

そうすると、一緒に食べたおつまみや締めのラーメンを代謝する余裕が無くなります。

結果、お腹や太もも・ヒップなどに脂肪が蓄積します。

飲まないのが一番ですが、どうしても飲みたい時は蒸留酒を選びましょう。

アルコールのみならず、口に入れるものは厳選するのがベターです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

  1. 下っ腹が出るそもそもの原因を教えます【172】

  2. 若返りの1番の薬は「○○すること」【188】

  3. 「あ~〇〇が食べたい」は、ある栄養が足りていないサイン【15…

  4. お客様の声『体の使い方を習ったことで筋力、柔軟力UPしました…

  5. あなたのカラダを蝕む『危険な家具』【60】

  6. 『初めてお正月のこの時期に太らなかったです!』【122】

プロフィール

 

滝本 友樹(たきもと ゆうき)
詳しいプロフィール

インターネットラジオ放送局

  1. 2024.02.08

    【超入門編】お腹の脂肪を減らす方法【279】

  2. 2024.01.31

    ダイエットの真のゴール【278】

  3. 2024.01.29

    あなたの身体年齢と筋肉の関係性【277】

  4. 2024.01.22

    【完全攻略】間食を抑える方法【276】

  5. 2024.01.19

    保護中: 【LINE登録特典】今からすぐに始められる!ガ…