ぽっこりお腹を解消しながらランニングもしたいあなたへ【189】

いつもお読みいただきありがとうございます。

東横線沿線の都立大学、日吉で活動している下腹痩せ専門パーソナルトレーニングジム・Tresallir代表の滝本 友樹(たきもと ゆうき)です。

今年の7月にゴールドコーストのハーフマラソンを走るお客様のご要望で今回は野外でトレーニング指導をさせて頂きました。

Tresallirは下腹痩せ専門パーソナルジムですが、お客様のご要望があればランニング指導もさせて頂いております。※ランニングトレーナーの資格(JRTA )も持っています。

ここに通っているお客様もランニングをされている方や興味をお持ちの方がとても多く、街中見てもランニングされている方も当たり前のように見られるので、ランニング人口が本当に増えたと感じます。

実は、ぽっこりお腹になるのもランニングで上手く走れなかったりすぐにバテてしまうのも、ある共通の筋力低下が原因です。

その筋肉とは、

足の付け根にある筋肉・大腰筋であり、内ももの筋肉・内転筋です。

この二つの筋肉が衰えるとぽっこりお腹にもなり、疲れやすくなり、さらには下半身太りや姿勢が崩れておばさん体型なります。

☑️下っ腹が出ている方

☑️内ももが硬い方

☑️足が太くて悩んでいる方 

まさに大腰筋、内転筋の低下が原因のひとつです。

この筋肉を使えるようになると、下腹部が引き締まり、疲れない走り方を身に付けることが出来ます。

下腹痩せとランニング、面白いことに共通点がたくさんあります。

考えてみればランニングという動作は、人体が前へ推進するという観点で考えると歩行も含めて必ず必要な機能です。

カラダの機能を理解すると歩き方から立ち方まで太らない、疲れない方法が身に付きます。

☑️ぽっこりお腹が気になっている

☑️薄着対策でお腹周り、太もも周りを引き締めたい

☑️疲れない歩き方、姿勢を身に付けたい

☑️ランニングにも興味があり、怪我のしない走り方やランニング時のカラダの使い方などをしっかりと学びたい

とお考えの方は、私が提唱するトレーニング方法が向いているかもしれません。

ですが、もちろんパーソナルトレーニングはマンツーマン指導ですので私との相性も考える必要があります。

ご相談、お悩みなども含めて興味がある方はぜひお問い合わせください。

ちなみにランニングのみで痩せようとするのはあまりおすすめしません。

出来なくはないですが、効率は悪いです。

あくまでランニング指導では、怪我のない効率の良い走り方をお伝えしているのでダイエットのための指導はしていません。

最後までお読み頂きありがとうございました。

関連記事

  1. 『常識』だと思っていたことが、実は間違っている恐怖【151】…

  2. 行動を後押しする方法【145】

  3. これだけは知っておきたい、目標設定するときのコツ【88】

  4. スピード感を意識する【66】

  5. 時が経つスピードが倍速に感じていませんか?【185】

  6. カラダの変化を実感するために必要な事【30】

プロフィール

 

滝本 友樹(たきもと ゆうき)
詳しいプロフィール

インターネットラジオ放送局

  1. 2021.06.09

    歯みがき中に出来る下半身トレーニング【240】

  2. 2021.05.28

    今からでもまだ間に合う!二の腕引き締め方法【239】

  3. 2021.05.26

    椅子に座りすぎている人がやるべきこ【238】

  4. 2021.05.21

    筋肉とアルコールについて【237】

  5. 2021.05.18

    「座りっぱなし」は寿命を縮める【236】