食べていい時間帯といけない時間帯【17】

こんにちは!

横浜市、日吉で活動している
下腹引き締め専門パーソナルトレーナーの
滝本 友樹(たきもと ゆうき)です。

お客様からよく頂く質問があるので
今回はその内容をシェアします。

その質問が、
「仕事で帰りが遅くなり食事の時間が、
不規則な場合に食べていい時間帯と食べてはいけない時間帯を
教えてください」

という内容です。

お答えします。

そもそもですが、

食べていい時間
食べてはいけない時間

の定義ですがわかりやすく言うと、

 
 

食べてもいい時間帯
カラダがエネルギーを欲している時間帯

食べてはいけない時間帯
カラダがエネルギーを欲していない時間帯

 
ということになります。
 
 
つまり全く同じ内容の食べ物でも、
食べてはいけない時間帯に食べると
エネルギーは消費されにくく、
体脂肪が溜まりやすいのです。
 
 
最もエネルギーが消費されやすい時間帯は
AM6:00~PM2:00と言われています。
 
 
この時間帯が最もエネルギーが消費されやすく
脂肪も溜まりにくいので、
がっつり食べるならこの時間帯がおススメです。
 
 
しかし、働いている人はそうはいかないですよね。
仕事の関係で21時以降になってしまうこともあるでしょう。

 

その場合は出来るだけ高糖質、高脂質は
摂らない、もしくは控えるようにして、
タンパク質や野菜スープ中心の食事にする。

 

 

 ちなみにお勧めの夜食は・・・

ミネストローネ、ポトフ、湯豆腐です。

やはり消化にいいものがいいですね!

 

では次に、
3食のおすすめの時間帯と食べ物を紹介します。

 

●朝(600800)エネルギー消費しやすい時間帯

朝はカラダが排泄モードのため、
食物繊維を多くとり、エネルギー源である炭水化物とタンパク質を摂りましょう
 

例・和食:ご飯、卵焼き、納豆、ヨーグルト+柑橘果物


●昼(12001400)
エネルギー消費しやすい時間帯

ガッツリ行くならこの時間。
理想は朝食5時間後が理想。
でもバランスはよく食べること。

 例・定食:焼き魚定食、豚の生姜焼き定食

単品:親子丼+漬物、ほうれんそうのおひたし

 

●夕(180021:00)エネルギー消費しにくい時間帯

炭水化物・脂質ともに控えめに。
食べたらあとは寝るだけなので
出来るだけ消化の良いものを摂る。

例・ご飯(軽め)+鶏のソテー or 白身魚のソテー+汁物、野菜(小鉢)、ひじき

食のエネルギー摂取量の黄金比率は

朝:昼:夕=3:5:2が理想と言われています

 

ぜひ参考にしてみてください。
  
 
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

関連記事

  1. 体重を落とさず見た目を変えることができる理由【222】

  2. 「とりあえず今のままで」は衰退を意味する【144】

  3. カラダのだるさを感じなくなりました!【97】

  4. 効果を出すためには自分の力を最大限だすことが大切【52】

  5. 若返りの1番の薬は「○○すること」【188】

  6. 間違った方向に進まないためには・・【110】

プロフィール

 

滝本 友樹(たきもと ゆうき)
詳しいプロフィール
  1. 2021.05.13

    必要のない「欲」を回避する方法【235】

  2. 2021.05.03

    【簡単】楽しみながらダイエット【234】

  3. 2021.04.28

    お腹痩せに腹筋運動は意味ありません【233】

  4. 2021.04.17

    私はカッコいいママになる!【232】

  5. 2021.04.10

    音声配信を始めました!