行動し続ける環境に身を置く【109】

いつもお読みいただきありがとうございます。

横浜市、日吉で活動している下腹引き締め専門トレーナー

滝本 友樹(たきもと ゆうき)です。

 

パーソナルトレーニングを始めてから12か月経過したI様の測定結果です。

 

2016年10月・トレーニング開始前

 

2017年10月・トレーニング12か月後

 

・体重87.7㎏→67.5㎏ -20.2㎏

・体脂肪率43.6%→32.4% -12.2%

・体脂肪量38.2㎏→21.9㎏ -16.3㎏

・内臓脂肪6.4㎏→2.6㎏ -3.8㎏

・皮下脂肪31.8㎏→19.3㎏ -12.5㎏

 

なんとI様、20㎏減量に成功しました!素晴らしいですね!

体重が全てではありませんが、目標としていた数値を達成することは気持ちの面も含めて大切なことです。

《20㎏減量》

と聞くと、糖質制限などかなり過酷なダイエットをして落としたイメージを抱くと思いますが、実は全く過酷なことはしていません。

むしろ無理をしないで日常生活に負担のかからないペースで減量に成功しています。

 

ポイントは短期間でなく長期間で減量したこと。

 

3か月で20㎏減量と聞くと大変な思いをして減量したと思われますが、

12か月で20㎏減量です。

単純計算で1か月につき約1.6㎏落とせば12か月で20㎏減量できます。

 

I様は12か月間このような環境でトレーニングをした結果、パーソナルトレーニング以外の時間帯も自主的にトレーニングが出来るようになりました。

食生活も含め、すでに自分でカラダをコントロールできる術を身に付けられています。

 

つまり太らないカラダ作りが習慣化されているという事です。
現在は2週間~3週間に1度のペースでパーソナルトレーニングを受けています。

 

ではなぜ自分でコントロールも出来て結果も出されて、習慣化されているのにパーソナルトレーニングを継続しているのか?

それは現状に満足せずまだまだ成長しようという気持ちがあるからです。

もう少し具体的に言うと、小さな成功を積み重ねて結果を出し続けることによって目標が上方修正されてきているからです。

たとえば、体脂肪を5%落とす目標が達成出来たら次はさらに3%落とす。
3%落とせたら今度はいままでやりたくても出来なかったことに挑戦してみる。

このようにステップアップして現状に満足しようとしていません。

 

行動し続ける環境

I様が継続している理由は、その時々の目標を達成するためにパーソナルトレーニングという環境に身を置いて行動し続ける環境を失わないためです。

すでにトレーニングを自主的に出来ていますが、一人だけで続けるとどうしても行動が遅くなる時が出ます。
その時に誰かに見てもらうという環境に身を置いて行動のブレーキを無くす事が出来ている。

もちろんパーソナルトレーニング以外でも、行動を止めない環境を作ることは出来ます。

 

・メンターを作る

・同じ目標の仲間と共に頑張る

・目標を周りの友人や家族に宣言する

 

ダイエットを成功させるうえでこの環境が最も大切なのではないかと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

  1. おやつは食べていい!【18】

  2. 履けなかったスキニーパンツが履けるようになりました♪【39】…

  3. ダイエットの『絞り方』【34】

  4. 自動化にして太らないカラダを作る方法【28】

  5. スピード感を意識する【66】

  6. 下腹部に脂肪が付く原因をお答えします【243】

プロフィール

 

滝本 友樹(たきもと ゆうき)
詳しいプロフィール

インターネットラジオ放送局

  1. 2022.06.21

    下腹部に脂肪がつく理由と対策【250】

  2. 2022.06.11

    加齢による痩せにくい原因と対策【249】

  3. 2022.04.15

    痩せない、疲れやすいの原因を教えます【248】

  4. 2022.03.18

    ダイエットを成功する人が必ずやっている事【247】

  5. 2022.01.19

    疲れやすいと感じたらすぐに見て!【246】